« スカイツリーを一跨ぎ(!?) | トップページ | 空飛ぶバスマット(!?) »

2012年7月15日 (日)

不思議世界の素敵

4日連続で、強風が吹き荒れています。
何だか、風の国の住人になったかのよう。
まだ、そんな風に楽しんでいられるくらいなので、いいですけれど。
 
風にどんどん流され、カタチを変える雲。
今日もダイナミックな空が広がっています。
 
Img_5599
 
そろそろ、蓮を見に行きたいな~と思いつつ、この風では日傘もさせないし、炎天下を歩くのはさすがに…。

今日は、家に居ながら、旅をすることにしました。

家守綺譚』 梨木香歩(新潮文庫)
 
以前から気になっていた小説ではあったのですが、何となく手が伸びずにいたのです。
読み始めたら、すっかり惹きこまれてしまいした。
 

日常にこぼれ出る豊穣な気配。花は人を恋い、水は友を招く――。それは、ついこのあいだ、ほんの百年すこし前の物語。


庭・池・電燈付二階屋。汽車駅・銭湯近接。四季折々、草・花・鳥・獣・仔竜・小鬼・河童・人魚・竹精・桜鬼・聖母・亡友等々々出没数多……本書は、百年まえ、天地自然の「気」たちと、文明の進歩とやらに今ひとつ棹さしかねてる新米精神労働者の「私」=綿貫征四郎と、庭つき池つき電燈つき二階屋との、のびやかな交歓の記録である。――綿貫征四郎の随筆「烏蘞苺記(やぶがらしのき)」を巻末に収録。      (新潮社HPより)
 
主人公の綿貫征四郎は、駆け出しの物書き。征四郎は、亡くなった友人の実家に「家守」として住むことになります。
床の間の掛け軸の中から、その友人が現れたり、庭のサルスベリに恋されたり…。

あらすじにもあるように、河童やら、小鬼やら…、いろいろなものが登場します。
何しろ不思議な世界ではあるのですが、こんな世界があってもいいな…、そう思わせてくれる内容でした。
征四郎が飼うことになった犬のゴローも不思議で魅力的♪
 
各章のタイトルは、「サルスベリ」「都わすれ」「ヒツジグサ」等々、全て植物の名前になっています。
 
「葛」の章は…。
 
 黒い小さな虫が腕の辺りを歩いていて肘の近くで止まった。そのままそこに馴染んだ、と思ったらほくろになってしまった。こすってもとれない。しかしさっきまでは確かに虫だった。私の肘の小さなほくろなど、誰も気づきはしまいが不思議なことである。些細なことであるから、まあいいだろうと鷹揚に構えていたが、どれくらいの不思議まで人はそういって許せるものなのか、ふと気になった。
 
こんな書き出しで始まります。
これが、些細なことなのですから、他のお話の不思議がどんなに不思議なのか、想像したただくだけでも、わくわくするのでは ^^

ある場面でこんなことが語られます。

日がな一日、憂いなくいられる。それは、理想の生活ではないかと。だが結局、その優雅さが私の性分に合わんのです。私は与えられる理想より、刻苦して自力で摑む理想を求めているのだ。

本を閉じた後も、しばらく余韻に浸ってしまいました。
何とも素敵な旅をさせていただきました♪
 
私も、庭付きの一軒家に住みたいな~。
少し歩けば、川があり、山があるような場所の…。

« スカイツリーを一跨ぎ(!?) | トップページ | 空飛ぶバスマット(!?) »

コメント

こんばんは~
様々な姿のスカイツリー、素敵ですね☆

夕方から私も空を眺めていました。
いろいろな雲が楽しかったですね♪

『家守綺譚』、以前読みました。
不思議さに、どんどん引き込まれました。
風音さんの文章を読ませていただいたら、また読みたくなりました(^^
今、私の手元には『この庭に 黒いミンクの話』が・・・
一昨日、図書館で借りてきたんですよ。
ある絵本を探していたのですが、偶然子どもの本のところにあって。
風音さんは、すでに読まれているかもしれませんね。
楽しみです。

あっ、もうすぐ、らららが♪ ( 笑

☆夕ひばりさんへ
 
こんばんは~。

ららら♪ つけたら、何故か今日は再放送のようで。
以前見たことのある番組内容です~。
スタイリストさんの冒険心が際立っていた(笑)回でした。

夕ひばりさん、やはり『家守綺譚』はすでに読まれていたのですね。
不思議だし、面白いですよね。
すっかり気に入ってしまいました♪
『この庭に 黒いミンクの話』は読んだことがありません。
ネットで見てみたら、素敵な表紙ですね。
私も探してみようかしら。

私の昨日の想定外の出会いは、水たまりに映ったツリーでした。
川に映る姿が以前放送されていたので、見てみたいな~と思っていたら、水たまりに ^^
さっさと前を行く夫に、ちょっと待って~と、ひとり地面を撮っていました。

夕ひばりさん宅の方も、風が強いのですね。
そろそろおさまってくれるといいですけれど。
   

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/128971/55200502

この記事へのトラックバック一覧です: 不思議世界の素敵:

« スカイツリーを一跨ぎ(!?) | トップページ | 空飛ぶバスマット(!?) »