« 縞々の空 | トップページ | 秋風を感じて »

2012年10月16日 (火)

シラサギの国へ

青空が広がり、とても爽やかな1日。
買い物ついでに、ちょっと遠回りして江戸川沿いを歩いてきました♪
 
Dscn7500
 
さえぎるものの無い川辺は、陽射しが強くて。
歩いていると、汗ばむくらい。
もう10月中旬なのに…。
 
Img_6798
 
セイタカアワダチソウには、モンキチョウが。
蜂もぶんぶん飛び回っていました。
昼下がりの秋の野は、にぎやかです♪
   
水辺には…。
 
...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。.4コマPhoto.。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...
 
Img_6791
 
「あっちには何があるのかしら?」
 
Img_6757
 
「お帰りなさい。あっちはどうだった?」
 
Img_6759
 
「まあ、こっちとそれほど変わらないけど一度行ってみるといいよ」
 
Img_6782
 
「よし、行ってみよう」

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...

Img_6772

Img_6773

Img_6774
 
なんだかこうして写真に撮ると、水が美しく感じられます。
不思議…。
   
Img_6792

「僕もここにいるんだけど。見えてる?」
「もちろん!ウミネコ君(だよね…)」
 
…と言いつつ。ついつい目は右のほうへ…。
 
Img_6753_2
 
しばらく、シラサギの国に心あそばせた私でした confident
   

« 縞々の空 | トップページ | 秋風を感じて »

コメント

こんにちは~

昨日、日向は暑かったですね。
でも、木陰は秋らしくて、とても気持ちが良かったです。

水辺は、やはり青空の日がいいですね。
水の色とシラサギさんとの対比が、とってもきれい☆
こちらの多摩川には、最近あまりいなくて・・・
みんなで江戸川へ行っちゃったのかな。
シラサギ語のおしゃべり、楽しそう(^^

ロビン君とのキスは次回にお預けになったのですか。
フフフ・・・楽しみですね♪

☆夕ひばりさんへ
 
こんばんは~。

シラサギさん、いつも真っ白な羽をキープしているのがとても不思議 ^^
汚れないんでしょうか。
 
多摩川には、最近少ないのですね。
こちらは、びっくりするくらい多くて。
みんな移動してきちゃったんでしょうか? ^^
今度会ったら、多摩川の方が楽しいらしいよ♪ と伝えておきます wink
シラサギ語、翻訳が間違ってるぞ~って思われてるかもしれません sweat01

ロビン君とは、またいつか再会したいと思っているので、そのときにはまた紹介しますね♪

来週は、なかなか会えない人に会いに行ってきます heart04

pen昨日の雨が残っていて、夜が明けてからも降ったり止んだりしています。それでも久々の雨なので、やや赤くなり始めた庭木もほっと一息ついている様子です。
眩しいほど白い白鷺・・・やはり川の水がきれいなのでしょうか。我が家の近くを流れる山科川は狭くて浅い街中川です。小さな青鷺か五位鷺はよく見掛けますが、大きな白鷺は見たことがありません。
やはり、ヘンな人間が歩いている、と敬遠されているのかも知れません・・・。海猫君は独りで寂しそうではないですか。優しい風音さんのことですから、しばらく一緒に遊んでやったことと思いますが。


「二人は必ず相逢はう」   松永延造

戀しい人よ
今は歎きの涙を拭へ。
そして別離の痛みを
明るい諦めのヴエールで蔽ひかくさう。

私等の體が互ひに割かれ
此處と彼處が異ると云ふは
そも何事を意味するのか。
雨のあがつた金色の空に
立ち表れる虹を見給へ。
それは遠い地平の果ての
こなたにあるか
或ひは彼方にあるか。

貴方がこなたにあると思へば
それはこなたに見ゆるであらう
貴方が彼方にあると云へば
それは彼方へ行くであらう。
二人はもうぢき別れて行くが
然しこなたと云ひ彼方と云ふは何であらう。
私等は胸を流れる涙でもつて
諦めを洗ひすまし
私等の慰めをいよいよ廣さに廣げよう
空の思ひ水の思ひの中に
私等は幻となつて相逢はう。

天の臺座の一角に
飛び交ふ白鷺の通ひ路に
消えたり湧いたりする青雲の間に
あゝ
空の思ひ、又、水の思ひの中に
二人は高く清く相逢はう。

☆道草さんへ
 
こんばんは。

こちらは、今日は1日降ったり止んだりの1日でした。
これから朝方まで、荒れた天気になるようです。
  
江戸川、全然キレイではないのですが、なぜかこんな風に青く写りました♪
釣り船が出ていたりするので、おこぼれを狙っているのか(?)その辺りにシラサギが多くいるのです。
なぜか、今年は特に数が多くて…。
ここのところ、カモメの数が年々減っているのが気になります。
今年はたくさん渡ってくるといいな~と思っているのですが。

素敵な詩をありがとうございました♪
  

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/128971/55904003

この記事へのトラックバック一覧です: シラサギの国へ:

« 縞々の空 | トップページ | 秋風を感じて »