« 大きな木 | トップページ | 最近出会った空 »

2013年10月22日 (火)

星野道夫展へ

市内で開催されている、星野道夫展に足を運んできました。
 
Img_0453

星野道夫さんの写真展、何度足を運んでも、毎回新たな感動が。
 
今回は、写真展開催に寄せての、星野さんのお母様(星野八千代さん)の言葉に触れることもできました。
星野道夫さんは、いつか小説を書いてみたいとおっしゃっていたとのこと。

なんと、そのお母様が来場されていたのです。
お友達に、お話をされているのがふと耳に入ってきて、お母様だとわかったのですが…。
とても素敵な偶然でした♪
 
帰ってきてから、以前写真展に行った際に購入した『星野道夫展 風のような物語』をぱらぱらと。
 
人間の歴史は、ブレーキのないまま、ゴールの見えない霧の中を走り続けている。
だが、もし人間がこれからも存在し続けてゆこうとするのなら、
もう一度、そして命がけで、ぼくたちの神話をつくらなければならない時が来るかもしれない。

 
こんな言葉に出会いました。
もし、星野さんが存命でいらしたら、その神話を物語として提示してくれたかもしれないな…などと想ってみたり。
 
今、amazon で注文した『悠久の時を旅する』が届くのを待っているところです♪

                 

« 大きな木 | トップページ | 最近出会った空 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/128971/58456543

この記事へのトラックバック一覧です: 星野道夫展へ:

« 大きな木 | トップページ | 最近出会った空 »